育てやすく愛らしい山野草をお届けします
ホームハナヤスリ科フユノハナワラビ
商品詳細
学名: Botrychium ternatum

ハナヤスリ科ハナワラビ属  冬緑性

日当たりのよい山地、原野、道端
分布は、北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、インド、ネパール、ベトナムなど。

 葉状体を年1個出し、夏は枯れる冬緑性。根茎は短く、直立する。栄養葉は茎が長さ5〜12cm、直径約2mm、葉は長さ5〜10cm、幅 8〜12cmのほぼ五角形、 3〜4回羽状に深裂し、ほぼ無毛、やや厚い草質。羽片は基部のものは有柄、広惰円形〜広卵形、縁は鈍鋸歯、先は鈍い。胞子葉は栄養葉の茎の中間(基部から2〜4cm上)につき、茎の長さ12〜25cm、穂は長さ4〜10cm、2〜3回分岐し、球形の胞子嚢を多数つける。胞子は表面がわずかに粒がある網状。

花のように見えるのは胞子葉と呼ばれる胞子を包んだ袋をつけた穂。秋に葉を出し、枯れないまま冬を過ごし、春に枯れるので、このような名前があります。

草丈:20〜30cm

フユノハナワラビ

販売価格: 550円 (税込)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス